Runという急変

「患者様が急変しました」医師としては、もっともいやなコールで、夜中や子守りの最中でも病院に駆けつけ、体中の筋繊維を緊張させ、精神も異常に高ぶらせた状態を継続させなければなりません。バイタルサインすなわち、血圧の低下、血中酸素濃度の低下、意識レベルの低下等、体の恒常性の急激な変化を「急変」と医療現場では定番として呼んでいるのですが、Run(ハシル)という行為を50の体に背負わせると、自分がRunという行為の最中に急変していくのが体感できるようになりました。(とにかくきつい(笑))

コメントをどうぞ