2013年7月 のアーカイブ

「したたかに老いる 」 de JA5UFD

2013年7月15日 月曜日

日常診療では、人間の平均寿命も長くなってきて、身体能力の喪失感に苛まれるといった愁訴が多くなります。
エイジングに関して、

①社会的喪失
②身体的喪失

整形外科的には、外来のトークで「神様が70年くらいの耐用年数で設計したものだから、、、」と、エイジングについて説明して、身体的な喪失感を鼓舞するしかないですね。
社会的にも心理的にも喪失感が著しい時に老化が加速するようです。

喪失感に苛まれつつも「したたかに老いる」戦略をたてねばなりません。

がんばっていきまっしょい(←東高出身ではありませんが(笑))

 

 Google translate

In daily practice, complaints of human life expectancy is also becoming longer, and is tormented by a sense of loss of physical ability there is more.
With respect to aging,

① social loss
② physical loss

The orthopedic, It is not a “,,, because that’s what God has designed in the useful life of about 70 years”, describes aging in the talk of the foreign, but to inspire a sense of loss physical.
Aging seems to accelerate when the sense of loss is also significant psychological and social.

Not exceed I must vertical “grow old soundly” strategy, even while being tormented by a sense of loss.

You work hard waiting deed (It is not a ← east from high, but (laughs))